バナナと代表松本

バナナ栽培

島バナナ

自社圃場を含む約3千平米の畑で、農薬・化学肥料を使わずに島バナナを栽培しています。
甘酸っぱい爽やかな味わいが特徴です。
台風銀座の宮古島でバナナを露地栽培するのは、常にリスクを伴います。暴風にさらされた1晩にして100株以上のバナナが倒されたことも、4年目にして既に2回経験しています。その分、美味しいバナナが収穫できる喜びは増します。

オルタナティブファーム宮古では、宮古島の在来種(通称、島バナナ)と外来品種のバナナ(通称、アイスクリームバナナ)の2種類のバナナを栽培しています。

島バナナやアイスクリームバナナと一般のバナナの違い

スーパーに並ぶ一般のバナナ(キャベンディッシュ)と比べて、味が濃く・甘酸っぱい酸味を持つことが特徴です。とても小ぶりのサイズで、長さは一般のバナナの半分以下程度です。島バナナやアイスクリームバナナでは、硬さが全く違います。島バナナは、一般のバナナより硬めでねっとりとした食感があります。一方のアイスクリームバナナは一般のバナナに比べて圧倒的に柔らかく、フワフワ・トロトロとしたまさにアイスクリームバのような食感が特徴です。

バナナと台風

悲しいことにバナナは台風に非常に(!)弱いです。現在、500株以上栽培しているオルタナティブファーム宮古のバナナも、台風に曝されて一晩にして数100株倒されてしまう・折れてしまうということを既に何度も経験しています。「スーパーに行けばいつでも買える」という感覚は、宮古島で栽培するバナナにはまったく当てはまりません。台風被害に遭わずに、たくさん収穫させてもらえたらラッキー、というのがバナナ栽培農家の本音です。

まだ青い状態で収穫する

オルタナティブファーム宮古で栽培するバナナは実が丸々と太った収穫適期を見計らって青い状態で収穫します。その後、常温に保持して追熟し、黄色く色が変わってからさらに数日おいて、シュガースポットと呼ばれる黒い斑点が認められるようになったら完熟です。

食べ方

勿論、生食で美味しく召し上がっていただけます。また、島バナナやアイスクリームバナナそれぞれの特徴を活かしたスイーツメニューもお勧めです。

焼きバナナ
溶かしたバターに黒糖を加えて黒糖バターソースを作り、島バナナを絡め焼いて、最後にシナモンの香りづけをすると、甘酸っぱい美味しさが際立った焼きバナナが出来上がります。
バナナアイスクリーム
アイスクリームバナナとバニラアイスクリームを8:2ぐらいの比率でミキサーにかけると、ねっとり・とろーり甘酸っぱさが美味しいバナナアイスクリームが出来上がります。チョコレートコーティングされたアイスクリームを使って、バナナチョコレートアイスクリームにしても、黒糖蜜やシナモンを香りづけに加えても美味しいです。