【2017年6月】美味しく・楽しく・学べる にっぽんの宝物

ゴールデンウィークに、地方に隠された宝物を選ぶグランプリ「にっぽんの宝物」に参加してきました。昨年の宮古島大会でのグランプリ受賞を受けての全国大会出場です。

見て・食べて感じて貰えるように、身長を超えるサトウキビの茎を抱え、来場者に齧っていただくサトウキビスティック1,000名分を持ってイベント会場入りしました。

プレゼンテーションでは、試食案内も含めて、ビタミン・ミネラル豊富な生鮮野菜としてのサトウキビの本来の美味しさを表現しました。現地での体験を再現するように、サトウ
キビスティックを齧る~搾汁したジュースを飲む+シークワーサ果汁を搾り入れる~様々な黒糖に焚く(この日は純黒糖・ピーナッツ黒糖・チョコ黒糖の3種)、それから黒糖を
分蜜した黒糖蜜とキビ砂糖までを試食ご案内しました。

そして、ショ糖成分のみを抽出した精製糖にはミネラル分などは残らず、原料が甜菜由来(国産原料の8割)かサトウキビ由来(同2割)かすらわからない。素材の個性が活かされ
ない使い方を勿体ないと感じていること。だから、有機サトウキビ栽培から始めて、加工製品を作りながら、体験案内などを通じて伝える仕事をしていることを伝えました。
短時間ですべてを伝えきることはできませんでしたが、取組み評価を頂いて、敢闘賞を受賞しました。また新たな種蒔きができたと感じています。これを励みにますます頑張って
いきます。
最後にプレゼンテーションの最後部分を引用します。

移住したての頃に感じた感動を、同様に味わってもらえるよう、島の魅力を案内します!
礎である、先人が育み・守ってきた宮古島の自然・文化資産に敬意をもって感謝します!