【2018年5月】喜びの共創

先人が育み・守ってきた宮古島の自然・文化資産を礎に、ワクワクする楽しさ・喜び・感動を、お客さまと共に創造します! これは弊社が大切にしている企業理念の一つです。

昨年から始めた体験型観光プログラムでは、前半、バーチャル&リアル体験を交えて、サトウキビの苗の植付(命の芽吹き)~栽培・収穫~黒糖作り~精製糖ができるまでの全プロセスを、まるっと案内します。後半、同様にバナナにまつわるお話で「へぇ~ほぉ~」を稼いだ後(笑)、2種のバナナスイーツ作りを体験していただいています。

さまざまな年齢層の方にご参加いただいていますが、興味・関心・知識・経験などが大きく異なるみなさまに、『来て良かった・美味しかった・楽しかった・勉強になった(おこがましいですが……)』って思ってもらえる案内を目指しています。

もちろん2歳の子どもに土壌微生物の話を無理やり聞かせることはなく、硬い繊維質をかじってみて出てきた甘いジュースの味や、重いハンドルを回してサトウキビを圧搾した記憶が残ってくれることを願って案内しています。

「無条件に美味しいこと・楽しいこと」が必要で、関心項目に合わせていろいろな話題を提供します。江戸時代には日本全国でサトウキビ栽培していたこと、サトウキビの繊維で紙も漉ければ・ジーンズの繊維もできること、など。

まさに草の根の広げ方ですが、お客様と一緒に創る楽しい時間を通して、生鮮作物としてのサトウキビの美味しさや黒糖作りの伝統文化を知ってもらうとても良い手段だと実感しています。

お客様と対面して、大切に思う作物のことをご案内できる、フィードバックが手に取って感じられる幸せな時間です。ぜひ、機会を作って宮古島を訪ねてきてくださいね。