【2018年8月】事業開始6年目を 迎えるにあたって

先日、人気の沖縄土産『御菓子御殿紅いもタルト』の創始者・澤岻カズ子氏のお話を聴く機会に恵まれました。
私なりに感じ取った自己実現した方が備える「鍵」を2点ご紹介します。

『成功するまで諦めない』

目的意識が明確で強い意志に支えられているから、数ある障害は解決すべき課題と捉えて、
心折れることなく真摯に取り組み、継続努力できる。
結果的に、途中の失敗はすべて成功のための礎になっていて、
「いろいろありましたが、振り返ってみると、これまでの私の人生のなかで無駄なことは一つもありませんでした」
とお話しされる姿は本当に素晴らしいと思いました。

「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」
の諺を体現されているように感じました。

『明るく無邪気でエネルギッシュ』

お話は裏表や淀みを一切感じさせない内容で、無邪気さを感じるぐらいの明るい笑顔が印象的でした。
これまで会社を成長させていくなかで、また現在、後任への事業承継を進めておられるにあっても、
「フィールドプレイヤー」の雰囲気を感じさせるエネルギッシュな様子もこれまでの成功を裏づけているように感じました。

さて、プレマ・宮古島プロジェクトとして事業開始して丸5年が経ちました。
当初描いたビジョンの実現に向けて、サトウキビ・バナナの有機栽培~サトウキビやマンゴーの加工製品の製造
~黒糖&バナナスイーツ作りの体験型観光まで、事業展開を進めてきました。

一方で収益性の確保や事業スピードの加速など、現実直視に痛みを伴うぐらい課題は山積みです。
澤岻氏の講和を拝聴できたことに感謝し、明確な目的意識と強い意志を抱き、
明るく無邪気でエネルギッシュに努力を重ねようと思います。