【2018年12月】恩返しは次世代へ

先日、6次産業化事例のお話を聴く機会に恵まれました。
お話をしてくださったのは「あいあいファーム」の方で、農業と食育とものづくりを3軸として、野菜・果物の生産、加工品の製造、レストラン・直売所運営ならびに体験事業・宿泊管理まで、一貫した取り組みをされています。
最も印象に残ったのは「同じような取り組みをする場合には、ここに気をつけるといいよ」という、ご自身の経験に基づく提言でした。
多大な時間と資産を使い、さまざまな苦労を伴って学んでこられたお話は示唆に富み、今後同じ方向を目指す者にとって貴重な宝物になりました。

成長中のオルタナティブファーム宮古の取り組みも、日々新たな課題に直面する私にとっては反省や困難の山に見えます。
一方で転ばぬ先の杖として、どなたかに活用してもらえれば、「失敗学は成功への近道」であり、その意味でうちの足元は資産でいっぱいかもしれません(苦笑)。

失敗を恐れずに、ワクワクする独創性・創造性をもって、慎重・堅実・大胆に動いていきたいと思います。
瞬発的に実を結ぶことがなかったとしても、近い将来あるいは次世代の役に立つきっかけになるはずで、またそう思える事業取り組みでありたいです。
「先人が育み守ってきた宮古島の自然・文化資産を礎にお客様と喜びと感動を共創します」という弊社創業理念に沿って、宮古島の先人たちからいただいた恩恵を、次世代に恩返しする事業としてお客様と共に成長を続けます。

昨年始動した「黒糖&バナナスイーツ作り体験」の食育ツーリズムは軌道に乗り、現在は自社の黒糖加工施設(Smallest Sugar Factory)の新設計画の数ある課題を克服中です。
今後ともみなさまのご支援をいただけると幸いです。